ボイラー技士とは

 

ボイラー(小型ボイラー等を除く)を取り扱う場合、免許を受けた者でなければ取り扱うことができない。

級にかかわらずボイラー技士免許を持っていれば大型のボイラーも取扱い可能となる。

 

特級ボイラー技士免許を取得した場合

全て大きさのボイラー取扱作業主任者になることができる。

1級ボイラー技士免許を取得した場合

伝熱面積の合計が500u以上のボイラーを取り扱う作業(貫流ボイラーのみを取り扱う場合を除く。)のボイラー取扱作業主任者になることができる。

2級ボイラー技士免許を取得した場合

伝熱面積の合計が25m2未満のボイラー取扱作業主任者となることができる。

 

 

  提供:ボイラー技士集会所