ボイラー技士試験概要

ボイラー技士 試験概要

 


受験資格

試験日程

受験会場

受験料

試験科目

合格基準

願書入手

 

 

 

ボイラー技士 受験資格



特級

一級ボイラー技士免許を受けた者

大学又は高等専門学校においてボイラーに関する講座又は学科目を修め卒業した者で、その後2年以上の実地修習を経たもの

エネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、2年以上の実地修習を経たもの

海技士(機関1、2級)免許を受けた者

ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの


1級

二級ボイラー技士免許を受けた者

大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後1年以上の実地修習を経たものエネルギーの使用の合理化に関する法律第8条第1項の熱管理士免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの

海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者

ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの

鉱山保安法施行規則附則第2条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの


2級

特になし

詳しくは 受験資格詳細ページへ

 

ボイラー技士 試験日程

各支部で特級は年1回、1級は2ケ月に1回、2級は1ケ月に1〜2回行われる月1回以上のペースで試験が実施されます。

詳しくは 試験日程詳細ページへ

ボイラー技士 受験会場



全国7箇所で実施されます。

北海道安全衛生技術センター
東北安全衛生技術センター
関東安全衛生技術センター
中部安全衛生技術センター
近畿安全衛生技術センター
中国四国安全衛生技術センター
九州安全衛生技術センター

その他、年数回の出張試験なるものが存在しますので各センターが
遠くて行けないという人は是非確認ください。

各支部住所等はこちら

ボイラー技士 受験料


6,800円です。

 

ボイラー技士 試験科目

試験科目及び試験時間詳細情報はこちら

 

ボイラー技士 合格基準



科目ごとの得点が40%以上で、かつ、合計点が60%以上であること。
      

 

ボイラー技士 願書入手



● 願書入手

受験申請書は、(財)安全衛生技術試験協会、各安全衛生技術センター及び各センターホームページの申請書頒布団体にて頒布しています。  
配布場所

または郵送で送ってもらうには・・・
次のものを揃えて、受験を希望する各安全衛生技術センターにお申し込みください。
(1)受験する試験の種類、必要部数を明記したメモ
(2)切手(1部:205円、2部:250円、3〜5部:400円)を貼付し宛先明記の返信用封筒(角形2号34cm×24cm)
支部情報

詳しくはこちら

 

なお、この情報は間違いがないように細心の注意を払っておりますが(財)安全衛生技術試験協会の情報を基に作成しております。
心配な方は協会のHPで再度確認ください。また、間違い等あればお手数ですがご連絡していただけると幸いです。

  提供:ボイラー技士集会所